総合病院の薬剤師してヘッドハンティングにあい、転職して良かったです

先輩薬剤師からヘッドハンティング!

私は大学で薬学を専攻したのちに薬剤師の資格を取得してドラッグストアで薬剤師として働いていました。
私は本当は総合病院の中で患者さんと触れ合いながら、薬学の知識を活かして医療チームの一員として働きたいと考えていました。
しかし私が就職する時には総合病院の求人がなく、働かないと生活にも困るので薬剤師としての求人があったドラッグストアで薬剤師として働く事にしました。
ドラッグストアでは調剤業務も行なっていましたが、調剤業務以外にも上司の命令でインスタントラーメンなどの販売の補助もしていました。
通常だとその業務はアルバイト店員がメインで行なっていたのですが、上司の気分次第でアルバイト店員の補助をしたりしていました。
またアルバイト店員がいない日もあり、その時には薬剤師である私が販売に関する業務を調剤業務をしながら全て行う事もありました。
正直二つの業務が出来ないと考えた私はこんなドラッグストアでは働くことは出来ないと考えるようになりました。
その事を素直に上司に伝えると、販売業務も大切な仕事だと逆に怒られて幻滅しました。
そんな時に、総合病院で働いている同じ薬剤師の先輩から、先輩が働いている総合病院で薬剤に関するスタッフに欠員が出たので働いてみないかと声がかかりました。
私はヘッドハンティングによる転職は今働いているドラッグストアに対して明らかに裏切りになると考えたので、すぐには結論が出ないと先輩に伝えました。
その翌日に普通通りドラッグストアで働いていると、上司からやる気が無いのかと叱責され、私は先輩の総合病院に転職する事にしました。
私は仕事が終わってからすぐに先輩に電話をして面接を受けるように段取りをお願いしました。
後日先輩から面接の日取りが決まったと連絡があり病院に出向くように指示がありました。
指定された場所に行くと先輩と院長・事務長が待っていました。
院長と事務長に病院での取り組みを聞いてみました。

先輩薬剤師からヘッドハンティング! : 薬剤師としての専門家の目線から患者さんの自立を手助けできる幸せ